t-item

サイバーギグスPV制作

カムコーダとは?

カムコーダとは、ビデオカメラの一種で、撮影部(ビデオカメラ)と録画部(ビデオデッキ)を一体化したもの。ビデオ映像の撮影用カメラとしては主流の様式となっており、一般には単に「ビデオカメラ」というと、大半の場合カムコーダをさす。 カムコーダ(Camcorder)はvideo CAMeraと(当初は)videocassette reCORDERを合わせた造語である。カムコーダは、撮影部と録画部を一体化してあり、単独でビデオの撮影録画が可能なビデオ撮影機材である。「電源がないところでも撮影ができる(バッテリーで駆動できる)」「持ち運びが可能」といった特性を持ち、民生用・業務用の両面で活用されている。 カムコーダは、1980年にまず民生用機が登場し、1982年に放送業務用機が登場した。また、特に民生用分野では1985年頃から急速に小型化が進み、1980年代末期からは、片手で持って撮影・録画ができる民生用カムコーダが一般化した。 用途(民生用・業務用など)、録画媒体の形式(テープの種類やそれ以外の記憶媒体)によって、さまざまなものが存在する。

サイバーギグスのPV制作と撮影機材

PV制作における撮影機材について簡単に触れてみようと思います。 ビデオが一般化する前の時代、動画は映画によって、 録画番組やニュースの録画映像は、フィルムによる映画として撮影され、放送されていました。 当初は、一体型のカムコーダ形式のものではなく、カメラヘッドとビデオデッキが分離した大型の機材でした。


一般家庭用のPV制作の機材としては、1966年にSONYがモノクロ録画が可能な機材を発表し、 1969年には同じくSONYがカラー録画が可能なビデオ機材を発表しました。 1995年にデジタルビデオ記録方式DV規格が制定され、それ以降はデッキ部はデジタルのものが大半を占めるようになりました。


現在、ハイビジョン時代の到来と共に、サイバーギグスのPV制作の機材もハイグレードかつ小型化という、 映像を制作する人々にとって、夢のような時代になりました。記録のメディアもテープからハードディスクへ、 高画質なビデオ映像は、思い出を残すと共に、時代の流れをそのまま映し出していると言えるでしょう。