t-item

サイバーギグスPV制作

光学とは?

光学とは、光の振舞いと性質および光と物質の相互作用について研究する、物理学のひとつの部門。光学現象を説明し、またそれによって裏付けられる。


光学で通常扱うのは、電磁波のうち光と呼ばれる波長域(可視光、あるいはより広く赤外線から紫外線まで)である。 光は電磁波の一種であるため光学は電磁気学の一部門でもあり、電波やX線・マイクロ波などと類似の現象がみられる。 光の量子的性質による光学現象もあり、量子力学に関連するそのような分野は量子光学と呼ばれる。


光学の分野は、独自の学会を持っており、また独自の学術集会を開催している。 純粋科学としての光学は光科学または光物理と呼ばれる。応用指向の光学は応用光学または光工学と呼ばれ、特に照明に関する応用は照明工学と呼ばれる。 それぞれの分野は、その応用・技術・指向性などが異なりがちである。 光工学における、近年進展が著しい分野には、フォトニクスあるいはオプトエレクロニクスと分類される分野もある。 これらの分野と「光学」との間の境界はしばしば不明瞭であり、地域や産業分野によって異なった使われ方をする。


光の実世界への応用は幅広いため、光学は他の科学技術の分野と相互に関連しあう傾向がある。このため、電子技術・物理学・心理学・薬学などいろいろな分野の一部として光学に出会うことがある。

サイバーギグスのPV制作と撮影機材

PV制作における撮影機材について簡単に触れてみようと思います。 ビデオが一般化する前の時代、動画は映画によって、 録画番組やニュースの録画映像は、フィルムによる映画として撮影され、放送されていました。 当初は、一体型のカムコーダ形式のものではなく、カメラヘッドとビデオデッキが分離した大型の機材でした。


一般家庭用のPV制作の機材としては、1966年にSONYがモノクロ録画が可能な機材を発表し、 1969年には同じくSONYがカラー録画が可能なビデオ機材を発表しました。 1995年にデジタルビデオ記録方式DV規格が制定され、それ以降はデッキ部はデジタルのものが大半を占めるようになりました。


現在、ハイビジョン時代の到来と共に、サイバーギグスのPV制作の機材もハイグレードかつ小型化という、 映像を制作する人々にとって、夢のような時代になりました。記録のメディアもテープからハードディスクへ、 高画質なビデオ映像は、思い出を残すと共に、時代の流れをそのまま映し出していると言えるでしょう。